青鹿毛の王子様〜メイセイオペラの仔・ツルオカオウジの会Blog〜

日本の競馬界に輝かしい記録を残し、
今なお人々の記憶にも残る名馬メイセイオペラ。
彼が日本に残した最後の世代の一頭であり、
国内最後の現役馬だったのがツルオカオウジです。
オウジは2015年に競走馬を引退し、乗馬を目指しましたが
現役時に傷めた脚元にその道を阻まれました。
その後の馬生は「ツルオカオウジの会」が支えています。
私たちの会では、一緒にオウジをサポートしてくださる仲間を
随時募集しています。
会費は月に一口2000円〜です。ご寄付も歓迎しています。
オウジの毎日のために、少しでも手を差し伸べていただけるとうれしいです。

◉ツルオカオウジの会ホームページ
http://tsuruoka-ouji.net

ツルオカオウジの現役時代のオーナー様より
ご寄付をいただきました。
 お気持ちをとてもありがたく思います。
オウジのために大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。
 

今日はオウジの相棒をご紹介します。
なぜか、ほかの仲間とうまくいかないオウジ君。
今は一頭で、少し狭い放牧地で一人暮らし(?)です。
でも一頭だけでは寂しいよね、というわけで、
ポニーのチョコが柵の向こうでスタンバイ。

2016-04-22 23 27 32


あるときチョコが柵の外へ出てしまったとき、オウジは、
「相棒がいなくなっちゃったよ〜〜〜!」といななき、
牧場スタッフの人が気づいて捕獲(?)した、ということが
あったのだそうです。
二頭の間には信頼関係ができているような気がします。


2016-04-22 23 29 48


馬房のオウジさま。
今日の写真もボランティアスタッフのY美ちゃんにいただきました。
いつもありがとうございます。



 

ウェブハロンの連載「高橋華代子の(続)気になるあの馬は…」
第93回でツルオカオウジを取り上げていただきました。
オウジの会のことにも触れられています。

http://www.keiba.go.jp/furlong/2016/rensai/03/160420.html

高橋さんの「南関魂」では現役時代に厩舎の馬房での表情など
貴重なショットを見せていただきました。
パドックでの「オレはやるぜ」な顔と全然違うんですもんねえ。
 
それにしても、私がダラダラと説明した内容がすっきりと、
しかも過不足なくわかりやすくまとめられていて、
いやー、さすがはプロです。恐れ入りました。
 
この連載を読んでこの会を知って、
入会してくれる人がいるといいなあと思います。
新規会員さん、絶賛募集中です!
 

Facebookではご報告したのですが、
こちらに書くのをすっかり忘れていました
ブログだけを見てくださっている方には
遅くなってしまって申し訳ないです。
南関東競馬ファンにはおなじみのブログ「南関魂」に
ツルオカオウジの会をご紹介いただきました。

http://nankandamasii.jugem.jp/?eid=8997

黒潮盃の口取り写真のオウジ、かわいいですね
まわりの方々も、本当にうれしそうです。


*初稿の記述内容に間違いがあり、一部訂正しましたm(_ _)m
ロマンテノールは現在3頭で放牧されています。

オーシァンファームに入って5カ月が経ちました。
大きな問題はなく元気に冬を越し、
現役引退およびその後の乗馬転向時にネックとなった右前脚の球節も
腫れや痛みはなく、獣医さんのお世話にならずに済んでいます。

引退馬協会の方からいただいた、4月6日のオウジくん。
2016-04-08 3 12 28

2016-04-08 3 11 15
あ、ゴロンしましたねー^^
気持ちよかったかな。


この牧場では基本、複数頭で放牧するのですが、
オウジはずっと一頭で放牧されています。
最初は脚元の様子を見ていたためですが、
落ち着いてから、せん馬同士でロマンテノールと一緒に放牧したら
いきなり大げんかになり(きみたち、同じパパなのに)
ほかの馬と一緒にしたら気に入った一頭を追いかけて
波風が立ってしまったようで、
いま、一緒に放牧できる子がいないのだそうです
隣にはポニーがいるからさびしくはないそうですが、
最近、いただいた写真を見て、
なんだかつまらなそうな顔に見えるなあと思ったもので、
その話を聞いて、なんとなく気になっています


2016-04-08 3 11 51
お隣のポニーと、落ちたニンジンの争奪戦
この子とは仲よくやっているようです。



IMG_8858
(これは昨年9月の写真です。今は青草はありません)

早くこの輪の中に入れるといいですね。



このページのトップヘ