青鹿毛の王子様〜メイセイオペラの仔・ツルオカオウジの会Blog〜

日本の競馬界に輝かしい記録を残し、
今なお人々の記憶にも残る名馬メイセイオペラ。
彼が日本に残した最後の世代の一頭であり、
国内最後の現役馬だったのがツルオカオウジです。
オウジは2015年に競走馬を引退し、乗馬を目指しましたが
現役時に傷めた脚元にその道を阻まれました。
その後の馬生は「ツルオカオウジの会」が支えています。
私たちの会では、一緒にオウジをサポートしてくださる仲間を
随時募集しています。
会費は月に一口2000円〜です。ご寄付も歓迎しています。
オウジの毎日のために、少しでも手を差し伸べていただけるとうれしいです。

◉ツルオカオウジの会ホームページ
http://tsuruoka-ouji.net

去る11月11日、いつもオウジを支えてくださる会員さんと一緒に
霞ヶ浦を訪れました。
当初7名の参加申予定でしたが、体調不良によるキャンセルが相次ぎ、
会員さん4名と発起人の計5名となりました。
そのうち1名は大阪からの日帰り遠征です。遠くからご苦労さまです。
心配だったお天気は午前中から青空が広がる好天でした。
誰か晴れ女がいますね

まずは洗い場で体を拭いて、尻尾を洗って・・・
IMG_1270

・・・実は放牧場からここへ連れてくるだけでも大変でした。
全員揃って馬の扱いに慣れていないのです
やっと繋いでからも、しばらくうるさかった二頭。
ずっと前ガキしているオウジをなだめながら、
そして、虫もいるので時折飛んでくるオウジの回し蹴りを上手によけながら
ささっとお手入れ終了。

みんなで汗だく(半分は冷や汗?)になっていると、punchセンパイから
「草原、行きますか〜?」とうれしいお誘いが!
行きます行きます

しかし洗い場から草原へ連れて行くのもまたひと苦労でした。
オウジはなんと馬房に戻ろうとしてしまうのです。
そっちじゃないよ〜!と引っ張ってもダメ。
見かねたパープルちゃんのオーナー様が引き綱を持って、
草原まで連れて行ってくださいました。まさに天の助け

草を食べるオウジとテノールを眺めながら、こちらもお昼ご飯。
春のツアーの時に用意したシートがやっと使えました。
何かもらえるかな〜と近づいてきたテノール。
IMG_1277

IMG_1280
オウジはマイペースでもぐもぐ。

途中、punchセンパイとロッキー先輩は削蹄のため先に戻り、
二頭はしばらく経ってからあわてて先輩を探してました。
おーい、やっと気づいたんかい?
BlogPaint


IMG_1298

IMG_1296

このあと30分くらい経ってからpunch先輩に迎えに来ていただきました。
私たちだけでは連れて帰れないかも、という心配がありまして・・・
こちらからお願いしなくても、迎えに来ましょうか?と言ってくださいました。
いつもながらですが、先輩オーナーの皆さんにお世話になりっぱなしです。
皆さま本当にありがとうございます。

もう集牧が始まる時間なので、洗い場近くのパドックに入れて、
ニンジンをあげたり、写真を撮ったり。
思い思いに馬と触れ合っていただきました。

BlogPaint
スタッフさんも、お世話になりました!

一日、馬に翻弄された私たち。実地訓練が必要と実感し、
競馬学校の厩務員過程に入るか?など
対策を話し合いましたが、年齢制限に引っ掛かりそうです。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
体調を崩して無念の出走取消となった方々は早くお元気になりますように。
今回都合がつかなかった方も、次回はぜひご参加ください。
オウジもお待ちしてます
IMG_1301

11日にオウジの訪問ツアーを行い、会員さんが集まってくださいました。

当日、会員さんが撮ってくださった動画です。

↓オウジのゴロン
https://youtu.be/yRXMR6bPFA4

↓オウジ@草原
https://youtu.be/43dAcQLANzo

↓テノールのゴロン
https://youtu.be/QWghmL_CAvg


最後に、punchセンパイが撮ってくださった草原での動画をリンクさせていただきます。
センパイの愛馬ロッキーくんと一緒に草原へ行きました。
お天気で気持ちよかったですね〜。
https://m.youtube.com/watch?v=oqWpVAJLv5w&feature=youtu.be




※ツルオカオウジの会では一緒にオウジを支えてくださる会員さんを募集しています。
単発のご寄付も歓迎します。 詳しくはHPをご覧ください。
http://tsuruoka-ouji.net



 

punchセンパイから写真をいただきました!

おやつに放牧地へ投げ込まれて草を取りそこねたオウジとテノール。
それを見て、 punchセンパイは彼らが取りやすいところに
草を投げてくださいました。センパイ感謝!

みんなが草に寄ってくる前に、オウジは一口確保してその場を離れましたが
お兄ちゃんは草を確保できず・・・で、どうしたかというと↓
image

image

オウジにおすそ分けしてもらうテノール。
最初、オウジが咥えている草を奪い取ってるのかと思いましたが、
オウジは許容しているようです。
口から出して地面に落とすと、すぐ仲間にとられるから、
こうやって分けているのかも、と思います。
一緒に食べるほうが、きっとおいしいよね。


image

image

↑お鼻どアップ〜♫
おや、顔に泥がついてるね、と思ったら・・・

image

顔だけじゃありませんでした〜ハハハ😅

image

「punchセンパイ、写真撮ってるの?  ばあや(発起人)には見せないよね?」

見せていただきましたよ!!
ゴロゴロするのはいいけど、乾いた土の上でやってくれないかしら・・・。

というわけで、いつもながらナイスショットなpunchセンパイ、
ありがとうございました〜。
そしてpunchセンパイのブログでは動画もご覧になれますので
↓のリンクからぜひどうぞ♫
https://ameblo.jp/takacorner/entry-12327274654.html




※ツルオカオウジの会では一緒にオウジを支えてくださる会員さんを募集しています。
単発のご寄付も歓迎します。 詳しくはHPをご覧ください。
http://tsuruoka-ouji.net


10月22日(日)は削蹄でした。
なんと9月に続いてまたも台風にぶつかってしまい
嵐を呼ぶ削蹄デー
しかし今月は延期にはならず決行です。
今月の尻尾ほぐし隊参加会員さん2名も
雨の中、霞ヶ浦まで来てくださいました。

さて、削蹄と書きましたが、オウジは今月からしばらくの間
蹄鉄をつけることになりました。
後ろ脚はいいのですが、前脚の蹄の割れがいまひとつ良くならないことと、
蹄の形が歪んでおり、それを直すためです。
↓は装蹄前の前脚。左前が欠けています。
 IMG_1238

久しぶりの装蹄です。いつ以来になるのだろう。現役時代?


IMG_1253

Y装蹄師さんにはオウジとテノールを含めて5頭がお世話になっていましたが
今月から仲間が1頭増えて6頭になりました。
今回は装蹄師のIさんがお手伝いに参加。お世話になります!

順番待ちのスペースに連れてきた時、テノールが一緒ではなかったからか、
いまだに多い虫が気になったからか、落ち着きがなかったオウジですが、
Iさんがちょっとなだめると・・・
IMG_1246
甘えちゃってます、オウジくん。

さあ、装蹄完了!
IMG_4400

踏まれると相当痛いからね、と複数の方に言われて、ちょっとビビっております。
だって裸足で踏まれても痛かったもの。(この半年で2回、踏まれてます)


装蹄のあとは尻尾ほぐし隊の活動開始!
今回、思いきって尻尾のかたまりの部分にハサミを入れました。
尻尾の毛流れに平行に、です。
これなら長さは短くならず、ほぐしやすくなるのではないかと考えました。
切ってみると、こんな感じです。
IMG_4423

かたまりは、みっちり硬く、長さも長くなっていました。
縦に切る、この方法を思いついた時にやってしまえばよかったのかもしれません。
Tさんが馬用のシャンプーを用意してきてくださったので、
何度も洗って、トリートメントもしましたが、まだブラシは通りません。
また次回です。
テノールも、オウジほどではありませんがかたまりがあり、
同じようにハサミを入れてきました。

今回は洗い場につながれている時間が長かったけど、
オウジはよくがまんしてくれました。
ごほうびに二人がかりでブラッシング〜
IMG_4327

ん〜、気持ちいい〜〜
BlogPaint 

そこそこ〜。
BlogPaint

たまらんなー!
BlogPaint

ちょいと変顔の王子様でした。

いつもより帰りの時間を早めたので、バタバタでした。
Aさん、Tさん、悪天候のなか、お疲れさまでした
装蹄のチームY(勝手に命名)の皆さま、クラブの装蹄仲間の皆さま、
今月もありがとうございました。



※ツルオカオウジの会では一緒にオウジを支えてくださる会員さんを募集しています。 
単発のご寄付も歓迎します。 詳しくはHPをご覧ください。 
http://tsuruoka-ouji.net


image


北海道の牧場時代は単なる「仲間の一頭」という感じでした。
ここまでラブラブ(?)になるとは。ビックリです。
輸送の馬運車の中で何かあったんでしょうか(笑)。



※ツルオカオウジの会では一緒にオウジを支えてくださる会員さんを募集しています。
単発のご寄付も歓迎します。 詳しくはHPをご覧ください。
http://tsuruoka-ouji.net



このページのトップヘ