青鹿毛の王子様〜メイセイオペラの仔・ツルオカオウジの会Blog〜

日本の競馬界に輝かしい記録を残し、
今なお人々の記憶にも残る名馬メイセイオペラ。
彼が日本に残した最後の世代の一頭であり、
国内最後の現役馬だったのがツルオカオウジです。
オウジは2015年に競走馬を引退し、乗馬を目指しましたが
現役時に傷めた脚元にその道を阻まれました。
その後の馬生は「ツルオカオウジの会」が支えています。
私たちの会では、一緒にオウジをサポートしてくださる仲間を
随時募集しています。
会費は月に一口2000円〜です。ご寄付も歓迎しています。
オウジの毎日のために、少しでも手を差し伸べていただけるとうれしいです。

◉ツルオカオウジの会ホームページ
http://tsuruoka-ouji.net

牧場のボランティアスタッフの方からオウジの画像を送っていただきました。
ありがとうございます!
オウジくん、元気に過ごしていますよ。
季節の変わり目、体調を崩さないでね。

別の画像をFacebookにアップしています。
そちらもぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/tsuruokaouji/

2016-04-06-22016-04-06-1

メイセイオペラの息子、ツルオカオウジの馬生を見守り支える
「ツルオカオウジの会」を設立しました。
興味を持っていただけた方は公式サイトをご覧ください。 
Facebookはこちら

ご入会は入会フォームからどうぞ。

たくさんの方のご賛同、ご参加をお待ちしています!

※当会は認定NPO法人・引退馬協会の対外支援事業である
引退馬ネットにサポートしていただいています。



 

ツルオカオウジは岩手の雄と呼ばれた名馬・メイセイオペラの産駒です。
大井競馬に所属し、重賞の黒潮盃優勝など重賞戦線で活躍しました。
母方には、公営から中央に移籍して活躍したヒカリデユールがいる、渋い血統です。
2015年夏に引退後、脚元の不調から乗馬になれなかったオウジを救うため
立ち上げたのが「ツルオカオウジの会」です。
これからのオウジの馬生を一緒に見守り、支えてくださる会員を募集しています。
会費は一口2000円╱月です。
詳しくは公式HPをご覧ください。


☆ツルオカオウジ プロフィール

2007年4月8日生まれ
父・メイセイオペラ、母・ミノンタイトル(母の父ダイタクヘリオス)
生産:門別・中原牧場
馬主:(有)鶴岡鉄工所
所属:大井(小林)・久保與造厩舎
担当:酒井一博厩務員
主戦:町田直希騎手

32戦6勝
おもな戦績:2010年黒潮盃(S2)、'11ブリリアントカップ(準重賞)(詳しい戦績はこちらへ)


このページのトップヘ