青鹿毛の王子様〜メイセイオペラの仔・ツルオカオウジの会Blog〜

日本の競馬界に輝かしい記録を残し、
今なお人々の記憶にも残る名馬メイセイオペラ。
彼が日本に残した最後の世代の一頭であり、
国内最後の現役馬だったのがツルオカオウジです。
オウジは2015年に競走馬を引退し、乗馬を目指しましたが
現役時に傷めた脚元にその道を阻まれました。
その後の馬生は「ツルオカオウジの会」が支えています。
私たちの会では、一緒にオウジをサポートしてくださる仲間を
随時募集しています。
会費は月に一口2000円〜です。ご寄付も歓迎しています。
オウジの毎日のために、少しでも手を差し伸べていただけるとうれしいです。

◉ツルオカオウジの会ホームページ
http://tsuruoka-ouji.net

大阪のN様よりご寄付をいただきました。
オウジへの温かなお気持ち、誠にありがとうございます。
オウジのために大切に使わせていただきます。

オウジからもお礼の鼻先を…
「ありがとうございました〜

3e4c3a46.g
 

眠くてうつらうつら、、、
で、ハッと我にかえって「眠くなんかないもーん」て



寝わらは夜食なのか?  バリバリ食べてます!

オーシァンの馬のオーナー仲間、N様から
今月も写真をいただきました

前回の暑中お見舞いの記事の写真も
N様にいただいた一枚です。
オウジ〜と呼ぶと寄ってくるそうですよ。
何かもらえると思ってるのかな?

オウジは放牧から馬房に戻ると眠くて仕方ないようで、
N様に 、ねむねむオウジという愛称を頂戴しました。

image


そんなオウジを、おいおい大丈夫かぁ?と見守るロマンテノール兄貴(左)。

image


この日はお尻かきかきオウジでもあったそうです。
お尻かいてあげたいですねぇ。

image


これまでは狭い放牧地でしたが、広いところに変わりました。
相棒は変わらずポニーですが、仲良くやっています。
水浴びをして、ごはんを食べて。
今日も穏やかな一日が終わります。

N様、ありがとうございました。
 

アブをはじめ虫との戦いの時季となりました。
毎年のことで、ここはやり過ごしてもらうしかないですね。
そして馬たちの泥パックの時期でもありまして。
気持ちいいんでしょうね。
スタッフの皆さんには仕事を増やして申し訳ないけど。

今日の大井競馬場のメインは重賞のサンタアニタトロフィー。
去年のこのレースを最後にオウジは引退しました。
もう1年たつんですね。あっという間でした。
今年も全馬無事完走しますように。。。

image

image





このページのトップヘ