青鹿毛の王子様〜メイセイオペラの仔・ツルオカオウジの会Blog〜

日本の競馬界に輝かしい記録を残し、
今なお人々の記憶にも残る名馬メイセイオペラ。
彼が日本に残した最後の世代の一頭であり、
国内最後の現役馬だったのがツルオカオウジです。
オウジは2015年に競走馬を引退し、乗馬を目指しましたが
現役時に傷めた脚元にその道を阻まれました。
その後の馬生は「ツルオカオウジの会」が支えています。
私たちの会では、一緒にオウジをサポートしてくださる仲間を
随時募集しています。
会費は月に一口2000円〜です。ご寄付も歓迎しています。
オウジの毎日のために、少しでも手を差し伸べていただけるとうれしいです。

◉ツルオカオウジの会ホームページ
http://tsuruoka-ouji.net

GW後半、5月5日に会員さんとオウジに会いに行ってきました。
オウジの会のHP管理人、Uさんが車を出してくださいました。
そして今回、新会員のOさんが初参加!  ウェルカム 

 image
着いた時、オウジは青草モグモグ中〜。
みんなでオウジ〜と呼んでも青草に夢中で
なかなか顔を上げてくれませんでした。

青草タイムの次は乾草タイム!
山田さんが乾草を入れた袋を持って歩いてくるのが見えると
牧柵の前で待ち構え、放牧地に入ってくると
「それ乾草? だよね? ね?」と山田さんを追うオウジの可愛いこと

「乾草、んまーい」
image

image

放牧地の真ん中で乾草を食べ始めたら、呼んでもお尻を向けたままなので
ニンジンとリンゴを持って呼んでもみたけど、しばらくは知らん顔。
でもリンゴを一口食べたら、ちょうだい攻撃が始まりました。

image

5日ぶりでしたが、冬毛がどんどん抜けて、
ピカピカになってきています。
会員さんから、
「こんなにピカピカのオウジ、初めて見ました」という声も

image

image

今日もいっぱい撫でてきました。
image

帰りに車がオウジの放牧地の横を通ると、並走して見送ってくれて、
みんなで大感激でした。
オウジ、また来るからね!



※ツルオカオウジの会では一緒にオウジを支えてくださる会員さんを募集しています。
単発のご寄付も歓迎します。 詳しくはHPをご覧ください。
http://tsuruoka-ouji.net

先週は「ちょっとおなか痛いかも・・・」でご心配をおかけしました。
オウジは引き馬で痛みがなくなった途端、いきなり地面の草を食べ始め、
山田さんが引っ張っても動かなかったそうです
元気になったら「あーおなかすいた」って。


さて、4月30日にオウジの顔を見にいってきました。
こちらに移ってからは会いに行くと駆け寄ってきたので、
今回も期待してたのですが・・・
放牧地に近づいても、オウジ〜と呼びかけても
知らん顔

IMG_9883 (1)

うーん、クール
こちらに来て3週間で、だいぶ自己主張が出てきたそうです。

それにしても前回の訪問から2週間でずいぶん毛づやがよくなりました。
冬毛はおなかまわりと背中にふわふわと残っていますが、
近くで見ないとわかりませんね。
ちなみに↓は去年の同じ時期。
IMG_1034

ここでは朝晩、ブラシをかけてもらっているので
違いが出ますね。


最近は放牧地で走ったりもするそうです。
自主トレですかね、オウジくん(^^)

IMG_9876


2週間前よりもハエが増えており、山田さんが
馬用の防虫剤をタオルにつけてオウジの体に塗ってくれたのですが
めっちゃ嫌がって耳を絞ってました。
とくにおなかまわりを触られるのは嫌みたい。
夏の暑さは変わらなくても、霞ヶ浦に比べたらハエがずいぶん少ないから、
その点はラクかもしれません。

前脚につけていた蹄鉄ははずされました。
少しめくれてますが、連休明けに削蹄だそうです。
IMG_9889

蹄鉄は蹄の割れが治らないことと、蹄の形に変形が見られることから
装蹄師さんのアドバイスでつけていたものでした。
蹄が割れやすいのは栄養不足もあるそうなので、
少し様子を見ていきたいと思います。
なお、蹄叉腐爛は問題ないとのことでホッとしました。


BlogPaint

オウジの視線の先・・・
袋の中身はニンジンです。レジ袋に入っててもバレるのね。
ずーっとガン見してるので、切って、ほかのお馬さんたちにも
お裾分けしましたが、オウジの食いつき方が一番迫力ありました。

IMG_9901

少し眠くなってきた頃。
このあと、下唇がどんどんゆるんでいったのでした
平和でなにより。



 ※ツルオカオウジの会では一緒にオウジを支えてくださる会員さんを募集しています。 
単発のご寄付も歓迎します。 詳しくはHPをご覧ください。 
http://tsuruoka-ouji.net


今週半ば、「ちょっとお腹痛いかも…」となりましたが
引き運動で治りました。
環境が変わって飼い葉も変わって、まだ馴染まないのかな。
山田さんが、オウジに合うように飼い葉の内容を調整して、
様子を見ながら与えてくださるそうです。
 
与えれば与えただけガツガツと食べてしまう、しかも早食いで。
霞ヶ浦のランチはサバイバルでしたからねー・・・。
ここではゆっくり食べても大丈夫って
徐々にわかってくるといいのですが。

この日は元気に青草も乾草もモリモリ食べていたようです。
2週間前には残っていた冬毛も抜けたみたいですね。

image





 ※ツルオカオウジの会では一緒にオウジを支えてくださる会員さんを募集しています。
単発のご寄付も歓迎します。 詳しくはHPをご覧ください。 
http://tsuruoka-ouji.net



 

大阪のNさまよりご寄付をいただきました。
三度目ですね、本当にありがとうございます。
オウジのために、大切に使わせていただきます。


※ツルオカオウジの会では一緒にオウジを支えてくださる会員さんを募集しています。 
単発のご寄付も歓迎します。 詳しくはHPをご覧ください。 
http://tsuruoka-ouji.net


 

このページのトップヘ